leifohr.com

適当更新 2012/02/22の日記的なモノ

さて、今日は昨日なかなかの逸材と思われる和風女子高生、しかも小柄で豊満、黒髪ロングと来たモノですから、そのせいかよく分からないですが、見るには見ましたが、ちょっと楽しみである、「リアル女子高生を見て楽しむ」と言う事が、あまり達成できていないような気がいたします。
まぁこういう時は「女子高生動画」「現役女子高生グラビア」を見て、可愛さが異常な和風女子高生を見るのが一番健康に良さそうです。
しかし、現女子のモデルの女の子は、Simpleな制服がほとんどですが、それでも際だって可愛いですね。

 

彼女たちは基本現役女子高生モデルですが、一応AKB48みたいに卒業生もいるわけで、卒業生曰く、実際モデルの撮影をしていたときに水着の撮影も有るので、無駄毛の処理を必ずしていて、今は日本の女の子らしく伸ばしているそうです。
一昨日前に見た、小柄で素敵な生足を見せていた、女子高生も、生足とか産毛みたいな顔の髭?と言って良いのか分かりませんが、やはり女子は無駄毛の処理をしているのかなぁ?と思います。

 

ですが、20代とか、働き始めたらまだしも、学生の時は、お金もそう無いでしょうから、エステで全身脱毛とか、家庭用脱毛器とか、有るとは思えないので、お風呂で剃刀で剃っているのかなぁと想像したりしています。
でないと、なかなか自慢の生足を短いスカートで惜しげも無く見せてくれるわけが無いよなぁと思うわけです。
脱毛器と言えば、最近、昨年12月くらいに、「裸美」「ラヴィ」もしくは「LA VIE」と言う家庭用脱毛器が出たそうですね。
女子はおしゃれが基本ですから、エステに行くより、自分専用の脱毛器を持っていると、特に生足を出している若い世代の女子は重宝するんじゃ無いかなぁと思うわけです。

 

20代くらいだと、女子の皆さんはまだコラーゲンも目立って減っているわけでは無いのですが、コラーゲン補給を行いつつと素肌を大切にする洗顔、クレンジング剤というか、ここのところ「KOOミラクルクレンジング」というエステ生まれのクレンジングというのが有るそうです。2012年1月26日だったかと思いますが、テレビで紹介されて、在庫が一気に完売状態になったというとんでもないクレンジング化粧品という感じです。
恐るべしテレビの影響力と、女子の皆さんの美肌への憧憬と言うべきでしょうか。女子高生時代の素肌に戻りたいというのも、分からなく無いですね。

 

さて、若い女子にひけをとってはいけないのは30代の女子の皆さん。未婚既婚を問わず、高校生だった頃の御自身と今を比べると、どうなんでしょうね?
街を歩くと、ちょっと和風な感じがしないゴージャス感が漂う感じがしますが、私個人の意見としては、良い素材は活かして、東洋の神秘たる黒髪ロングストレートで魅了して戴きたいですね。
そういう意味では、まだ学生の女子高生は和風黒髪ロングストレートで、とっても素敵です。
最も、高校を卒業してちょっとすると、肌のコラーゲンが減っていってしまうそうですね。
最近流行のサプリメントのコラーゲンとか、美容液にもコラーゲンが普通に配合されていて、なかなか選ぶのも大変そうだ、と言う印象です。
今まで見てきた中で、コラーゲン美容液では、浸透制から「リポコラージュ」が良さそうな感じがします。
リポコラージュ」は「即効性コラーゲン美容液」だそうで、従来品の6倍浸透力があるそうですね。
高校を卒業したら女子の皆さんは、よく食べて、よく休んで、コラーゲンもしっかり補充というのが健康にも肌にも良さそうです。
昨今は30代も女の子、と言う風潮ですから、30代の女の子も、10年くらい前の肌の感覚を取り戻すべくコラーゲン美容液を試してみるというのも良いのではないでしょうか。結構、お試し、1,000円台から始められるのも多いみたいですし。。

 

サプリメントではすっぽん小町が昨年辺りにヒットしてますが、さすがに昨年のモノなので、少し勢いが無くなってきたのかな?という感じがします。
今、サプリメントは栄養補助食品として、厚生省が認めている基準を満たした「美酵酢」というのが、女子の皆さんには嬉しいサプリメントでは無いでしょうか。1日に摂取しなければならない栄養が、コラーゲンと同時に摂取できるので、さすがに、18才とか現役女子高生の頃のコラーゲン最高潮の頃は無理かもしれませんが、有る程度、従来品よりも効果があると思います。

 

サプリメントと言えば、美酵酢も酵素ですが、セロトアルファというサプリメントも酵素なのですよね。不眠とかうつに効果があるとのことですが、どちらも酵素の働きですから、「美酵酢」を飲むと酵素の働きで、体内の酵素が補充されて、一日の疲れもしっかり眠って、翌朝元気一杯、と言う事で、「美酵酢」は男性も飲んでいる方が多いそうです。試してみようか?と思うわけですね。